マリッジリングとエンゲージリングの違いは?指輪の名称をおさらい

By 北上 宗憲

普段から知っているようで、いざ聞かれると自信がなくなるのが、エンゲージリングとマリッジリングの違いではないでしょうか。 


なかなか人には聞けないため、何となく知っている程度で過ごしている方もいると思います。 


この二つの違いと由来について、購入する際の金額の目安などを紹介します。

婚約の際に贈るのはエンゲージリング

エンゲージリングとは、結婚前の段階である婚約の際に使われる指輪です。
基本的には婚約の証として、男性から女性に贈られるものとされています。
その発祥は古代ローマ時代にまで遡ると言われていますが、日本で一般庶民にまで定着したのはここ数十年ほどしか経っていません。
エンゲージリングは結婚指輪(マリッジリング)と異なり、デザインに凝ったものが多いため、結婚後の日常生活で着ける日本人は男女共に少ないと言われます。

結婚の際に交換するのがマリッジリング

マリッジリングとは、結婚の際にお互いが着ける指輪のことです。
結婚式を行う場合には、教会などで出席者の前で交換する指輪でもあります。
エンゲージリングが男性から女性に対して贈られるものであるのに対し、マリッジリングは結婚する二人が相談をして購入するものとされています。
エンゲージリングよりもデザインがシンプルという傾向があり、結婚後は日常的にこちらの指輪を男女共に着けていることが多くなります。

マリッジリングとエンゲージリングの素材選び

マリッジリングとエンゲージリングを選ぶ際に、迷うことになるのが素材です。
硬さや経年劣化、変質の違いなどもあり、人によっては金属アレルギーなどにも考慮して、一生ものとして購入する必要があるため、慎重に選ばなければなりません。
この二つに共通して人気の素材と言えば、ゴールドとプラチナです。
その理由は変形しにくいことを筆頭に、デザイン加工がしやすいことや、変質や変色がしにくいことなど、長く着ける指輪ならではの特徴があるからです。
そのため既製品からマリッジリングやエンゲージリングを選ぼうとすると、この二つの素材を使いながらも耐久性を考えて、他の金属素材を混ぜたものがほとんどです。
一般的には、この二つが多いのは確かですが、指輪の素材を決める際にはこれらについても吟味しておくことが大切です。


マリッジリングとエンゲージリングのサイズの測り方

マリッジリングとエンゲージリングを購入することを決めたら、お互いの指のサイズにぴったり合う物を選びましょう。
指輪のサイズは、日本では号という単位で表示されています。
日常的にファッションリングを着けている方であれば知っているかもしれませんが、あまり知らないという人もいるかもしれません。
号は指輪の内径のサイズを示していて、サイズが一号大きくなる毎に内周が1mm、内径が約0.3mm大きくなります。
またサイズが合わないといった時には、調整をしてくれるお店を選択しておくと便利です。

婚約指輪の値段の相場はどう知るのか?

最終的には予算のことを考えて指輪を決めることになると思いますが、この点は見当もつかない方も多いかもしれません。
大手ブライダルサービスによる調査では、婚約指輪の平均価格は30万円前後 、 結婚指輪の平均価格は2点で20万円前後と言われています。
婚約指輪などは大よそ給料の1〜2ヶ月分と考えて方が良いでしょう。
ショップで購入する際には、その商品の内容と共にアフターサービスがどれくらいあるのか、傷が付いてしまった時には対応してもらえるのか、保証期間はどれくらいあるのかなどを、きちんとチェックしておきましょう。

4つの英語の違い

結婚指輪がマリッジリング、婚約指輪がエンゲージリングと呼ぶことが分かりました。

日本ではこれらの結婚にまつわる指輪を総称して「ブライダルリング」と呼ぶことが多いです。


実際に結婚にまつわるカタカナ英語はマリッジ、エンゲージ、ブライダル、ウェディング、と大体この4つが思い浮かぶと思います。


どう違うのかまじまじと考えてみると実はよく分からないですよね(汗)


Marriage(マリッジ)

意味は「結婚」「~との婚礼」、 その他「融合」「一致」などの意味もあり、 2つのものが結ばれるという行動や事実を表す言葉になります。


Engagement(エンゲージメント)

実は英語のEngage(エンゲージ)とEngagement(エンゲージメント)では意味が異なってきます。

エンゲージは「従事する」という意味。エンゲージメントは「婚約」「婚約期間」「約束」という意味です。

日本ではエンゲージリングという呼び方が一般的ですが正確にはエンゲージメントリングというのが正しいようです。


Wedding(ウェディング)

意味は「結婚式」「婚礼」「結婚披露宴」。

結婚にともなう儀式や式典そのものを指す場合に使われます。

日本では結婚指輪の名称としてマリッジリングが一般的ですが、実は海外ではウェディングリングが正しいそうです。


Bridal(ブライダル)

Brideという言葉の意味は「花嫁」。 Bridalとは「花嫁の」という意味なのですが日本では結婚指輪や婚約指輪の総称で使われることが多いです。

まとめ

当たり前に使っているカタカナ英語の指輪の名称ですが、実は日本独自の呼び方だったことにびっくりした方も多いのではないでしょうか。


名前の名称のルーツや海外と日本との呼び方の違いなど知っておくだけで二人の指輪選びを楽しむきっかけの一つになるかもしれません。


婚約指輪と結婚指輪は一生に一度のことですので、二人の人生の記念として楽しい思い出にしていただきたいです。


長い二人の時間の門出としてよく相談をして、どんな指輪にするかを決めましょうね。

ダイヤモンドの石言葉・意味・価格の相場が知りたい

パワーストーンや宝石などに興味を持つ人は、ダイヤモンドの石言葉についても聞いたことがあるかもしれません。でも宝石として有名であるということくらいしか知らない、という人の方がおそらく多いのではないでしょ...

GENTiL|ジャンティールキタカミ ブログ

ダイヤモンドの通販でおすすめのサイズと予算

最近はダイヤモンドの指輪を購入する際に、少しでも安く手に入れるために通販サイトを利用する人が増えているようです。 ただし通販でダイヤモンドを購入するときは、どれくらいのサイズのダイヤモンドを選べばいい...

GENTiL|ジャンティールキタカミ ブログ

価格にもデザインにも妥協しない、ふたりの理想の結婚指輪。

結婚指輪を探す時、ふたりの意見がぴったり合う最高の組み合わせを見つけるのって実は結構大変なことかもしれません。男女で体格もそれぞれ違えば指の太さや長さも千差万別です。それなのにお店にある結婚指輪は男女...

北上 宗憲 ブログ

初めての指輪選びも親身な接客で楽しく過ごせました

結婚指輪を探すことって、とても幸せで楽しい時間です。でも初めてのお買い物で、しかも決して安くないから、不安なお気持ちになってしまうお気持ちもとてもよく分かります。せっかくの一生に一度の幸せのお買い物。...

千田 梨奈 ブログ

ROCCIA(ロッチャ)一点モノのダイヤモンドジュエリー

女性であれば、子供の頃に憧れた宝石というものがあると思います。 キラキラと光る、彩とりどりのジュエリーを思い描いたことがある人も少なくはないでしょう。 そんなキラキラしたイメージを、そのままデザインし...

GENTiL|ジャンティールキタカミ ブログ

ジュエリーブランド「星の砂」が最高である5つの証

結婚指輪・婚約指輪のブランドとして日本が誇れるブランドであると言える「星の砂-Hoshi no suna-」。その歴史は長くブランドの誕生は1981年にまで遡(さかのぼ)ります。本日はそんなジュエリー...

北上 宗憲 ブログ